KGKヒデ主事の徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

TS

もう1年くらいになるか

ずっと考えて祈っていることがある

なかなか答えが出ない
手前までは来ている

まあそういうものだろう
とは思っていたが
でも長い

自分自身と根競べをしているようだ




昔、TS主事という人がいた
(今も健在ですが)


「悩みのSちゃん」と呼ばれていた。たしか
(少なくとも僕はそう密かに呼んでいた)


先日、彼とたまたまメールをする機会があり、

「おれ、迷走している」

と文末に書いたら、


「それ、よくわかるよ・・・」


と返事がきた


主事を一緒にやっていた頃、
彼は僕がひっかからないようなところで、
よく止まっていた


よく考えている人だなーと感心したものだった


深い悩みの後
色々なものがバババっとつながり
すっきりすることもあれば

まあこういうところが
落としどころだよなということで納得していた、

そんな彼を思い出す。たしか



俺はどうなるんだろう


すっきりしてから答えが出て欲しいと思う。
が、どうもそうはならないような気がする


踏み出さないと見えてこない地平があるのだろう



久しぶりに彼と語りたいな


スポンサーサイト
別窓 | 独り言 | トラックバック:0
∧top | under∨

暑い・・・

暑くなってきました
(ここ数日はそうでもありませんが・・・)

事務所にいると水が欲しくなり、
つい冷蔵庫に飲み物がないかと
探してしまう今日この頃。

先日事務所の冷蔵庫をあけたら、
ペットボトルの水がありました。

飲みたかった。
でも、自分のではない。

一度閉めた。

でも、飲みたい。
また開けた。

手に取った。
未開栓。

開けたい。

踏みとどまった。

事務局に誰のものかを確認した
(確認せず飲んでしまうと実は誰かのものだった!という
それはそれはとても恐ろしいことが起きてしまう、というのは言いすぎですが・・・)

A主事購入の水だと判明。

ホッと胸を撫で下ろし、

「よかった。危うく一人の人を不用意に傷つけるところだった」

とすんなりと諦めようとしていたら、

「この水はみんなに飲んでもらえたらと思っていたの」

といわれるではないか。

砂漠にオアシス到来。

渇いたときの水は最高なのです
(ちょっとまあ大げさですが)


しかし、僕は水を飲めてハッピーになったが、
また僕のように飲んでもよいかと冷蔵庫の前で
悩み苦しむ人がいるかもしれない。

そんな事態は絶対に避けなければならない。

ということで、
110514_1103~01

これで一件落着なり

まあ僕だけですけど
別窓 | 独り言 | トラックバック:0
∧top | under∨

ご飯を思う

091214_1518~01
先日のある日のこと。

冷凍保存した白米を解凍して食べた。

最近、ご飯を解凍して食べることが多い。

その日は冷蔵or冷凍保存のご飯がなかったので、
米を炊いた。

やっぱり、炊き立ては違う。

みずみずしさはもちろんのこと、
一粒一粒のはりとつやが違う。

米が10才若返る。

モイスチャーだ。


ところで、我が家でご飯を炊く時は基本2合。

たいてい余るので、ジップロックに入れて
冷蔵or冷凍する。

今日もまたご飯は残り、冷蔵した。

今度あいつらと再会するときは、
10年の年季を積んでいるのだろう。

まあいい。

そんなお前たちも俺は好きだ。
別窓 | 独り言 | トラックバック:0
∧top | under∨

ひと時の休息

niji.jpg
朝から一日中教会だった。

ひと段落がついた夕方頃だった。

教会のある姉妹が、

「ちょっと虹、虹?」

と声高に叫んで入ってくるではないか。

僕はある集会をこれから始めようという時だった。

それもあって、

「虹、あー虹ね?」

と、あまり愛想良くなく振舞ってしまった。

しかし、外に出てビックリ&感激。

美しい放物線を描き、色がくっきりと識別される
綺麗な虹が空に映えているではないか!
(写真でこの美しさを伝えきれないのが残念!)

通行人も写メをしていた程だった。

その後、教会の屋上に登って、改めて空を
見上げてみた。

先ほどとは比べ物にならないほどの
大きな放物線の虹が空に架けられていた。

ノアはこんな虹を見たんだろうか…
いや、もっと大きく、七色がはっきりとした
虹だったんだろうか…
神様の契約や計画がこんなにもはっきりと
見えたらな…

一人でぶつぶつ言いながらも、
ひと時の休息の虹だった。
別窓 | 独り言 | トラックバック:0
∧top | under∨

先取る神

来週の日曜日に中高科で説教をする。

その準備をした。

箇所は出エジプト記13章から。

まずは何も見ずにただ聖書を読んだ。

そこで気づいたのは、まだ出エジプトしていないのに、将来、過ぎ越し祭りや種なしパンの祭りをして、救いを思い出せと命じていること。

神の中では、もう既に救いの業がなされてしまっていて、後々の世代にいかにその救いの恵みを伝えていくかに関心があるのかと思った。

でも、イスラエルの民や僕らは今しか見えない。

でも、神は時代を先取り、救いを先取る。

自分は先取れなくても、神が先取ってくださっているから、あまり心配しなくても良いのだと思った。
別窓 | 独り言 | トラックバック:0
∧top | under∨
| KGKヒデ主事の徒然日記 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。