KGKヒデ主事の徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

もてなし奮闘記

DSCF3153_convert_20100124005546.jpg
我が家に10同期会の幹事が来てくれました。
※10同期会:2010年度3月に卒業予定の学生たちの交わり
      進路選択や恋愛・結婚をテーマに学びをしてきました

昨晩妻が作ってくれたカレー、ポテトサラダ、イカの燻製とセロリのサラダを
一緒に食べることから始まりました。
(僕はじゃがいもの皮を剥いただけですが…)

妻は事務所でミーティングだったので、
僕が一人でもてなすことになったのですが、
人を家に招く時って、色々と気にすることがあるんだと、
家にもてなすようになって教えられる日々です。

また、人を招くって意外と緊張するんですね。

この家で大丈夫かなって。

ゴミやほこりは落ちていないか?
トイレは綺麗か?
タオルは新しいか?
洗面所は濡れていないか?
景観を損なうようなものは置いていないか?

などなど。

そして、部屋の準備を整えた後は、
もてなしシミュレーション。

学生たちが我が家に入ってきた瞬間から、
何をどういう順番でするかを考えるんです。

まずはハンガーにコートをかけてもらうか?
いやいや、まずは和室に通して席を教えることが先だろう。

席について部屋の中を眺めて「ワーワーピーピー」言って
一息ついたら、お茶を出そうか。

で、飲んでいる間に昼ご飯のカレーを温める。

食べ終わったら、珈琲を入れて、お菓子を出そう。
(ここで我が家はミルで珈琲の豆を挽くんだと、
ちょっと珈琲へのこだわりも伝えつつ。)

とまあ、一応流れを考えたりしたわけです。
(ここまでは考えていませんでしたが…)

もちろん、このとおりにいくかという問題があるのですが、
幸いある学生が我が家に来て開口一番に、

「ヒデさん、お腹が空きました!」

と言ってくれたので、計画通りに事は進みました。

「よく、言った。昼だもんな。それは腹も減るさ。」

と思いましたね。

そんなわけで、今日はミーティングというよりは、
僕にとってはもてなし奮闘記でした。

みんなが笑顔で帰ってくれたので、
満足です。






スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | トラックバック:0
∧top | under∨

ある学生の話

3週間近く休んでしまいました。

ブログを訪問してくださった皆様、
すみませんでした。

今日からまた復活です。

さて、この3週間近くで、書くことは山のようにあるのですが、
今日は年始に聞いたあるKGK学生の話を紹介します。
(本人には許可をとってあります)

------

家で酒に興じる父親(未信者)を見て、

「年末年始を酒で終わらせてしまうのか…」

とその学生(以下S)は思った。

そこでふと、Sはお父さんに
聖研をやらないかと誘ってみた。

普段から教会に通うわけではないが、
ふと言ってみたくなった。

そうしたら何と応じてくれたのだ。

KGKで発行している伝道聖研テキストの十八番
『ストレートフロムザバイブル』を使うことにした。

計5回で、1回あたり30?45分でできるので、
使い勝手が良い。

また、その時はお父さんはお酒がたくさん入っていた
ので、なおのことだった。

開始は23時を回っていた。

テキストの最初の質問は

「神に対してどんなイメージをもっていますか?」

すんなり過ぎ去るかとSは思ったようだが、お父さんは留まった。

酔っていたこともあり、同じことを何度も
繰り返すこともあったようだが、
S曰く、

「親父も神様のことを色々と考えているんだ」

と思ったようだ。

その日の聖研は結局、1時を過ぎた。

伝道聖研をする上で大切なこと。

次回の日取りを決めること。

翌日も聖研の約束をした。

二日酔いもなく聖研をできたようだ。

結局、初日から5日間連続で聖研をした。

見事に年末年始で伝道聖研テキストをやりきったのだ。

最終回の聖研は、トマスが復活したイエス様を
自分は見ていないから信じないという箇所から。

「トマスの気持ちも分かるわ」

とお父さんは語っていたようだ。


以上の話をSが僕に分かち合ってくれた後、

「いやーO主事に連絡して、『早くスト2を作ってください』って電話したくなったんですよね!」

と満面の笑みで話してくれた。

スト2とは、ストレートフロムザバイブル?のことである。

実は今新しい伝道聖研テキストをKGKの主事会で作成中なのだが、
早くそれを使ってSはお父さんと聖研をしたいのだ。

聖研テキストが学生の友人ばかりか、
学生の家族にも使われるなんて、
こんな嬉しいことはない。

Sのお父さんが、今度はスト?で
聖研をしてくださることを期待している。

それにしても、

「親父と聖研」

良い響きだ。

僕も今度親父を誘ってみるか。
別窓 | 未分類 | トラックバック:0
∧top | under∨
| KGKヒデ主事の徒然日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。