KGKヒデ主事の徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

暑い・・・

暑くなってきました
(ここ数日はそうでもありませんが・・・)

事務所にいると水が欲しくなり、
つい冷蔵庫に飲み物がないかと
探してしまう今日この頃。

先日事務所の冷蔵庫をあけたら、
ペットボトルの水がありました。

飲みたかった。
でも、自分のではない。

一度閉めた。

でも、飲みたい。
また開けた。

手に取った。
未開栓。

開けたい。

踏みとどまった。

事務局に誰のものかを確認した
(確認せず飲んでしまうと実は誰かのものだった!という
それはそれはとても恐ろしいことが起きてしまう、というのは言いすぎですが・・・)

A主事購入の水だと判明。

ホッと胸を撫で下ろし、

「よかった。危うく一人の人を不用意に傷つけるところだった」

とすんなりと諦めようとしていたら、

「この水はみんなに飲んでもらえたらと思っていたの」

といわれるではないか。

砂漠にオアシス到来。

渇いたときの水は最高なのです
(ちょっとまあ大げさですが)


しかし、僕は水を飲めてハッピーになったが、
また僕のように飲んでもよいかと冷蔵庫の前で
悩み苦しむ人がいるかもしれない。

そんな事態は絶対に避けなければならない。

ということで、
110514_1103~01

これで一件落着なり

まあ僕だけですけど
スポンサーサイト
別窓 | 独り言 | トラックバック:0
∧top | under∨

N大が熱い!

合同祈り会の日の夜は事務所で聖研。

あの新入生二人は、祈り会、ファミレスに続いての聖研。

一日中一緒なふたりだった。


今年のN大聖研には未信者の女の子がきている。

彼女も新入生。

歯に衣着せぬ聖書本音読みで、
聖研に刺激をもたらす存在。


初回の時は詩篇51篇からで、

「私、この人(ダビデ)嫌いです。赦されようと思っているのが図々しいです」

と本音トーク。

一国の主が不倫と殺人。
そうやすやすと赦されようとするダビデに
ありえない!とノーを突きつける。

ここから、聖書で言う罪、救いの話へと展開していく。


そして、この日は不正な裁判官にひっきりなしにお願いするやもめの箇所と
パリサイ人と取税人の祈りの箇所から。

「正直、私は祈らなくてもやっていけるので・・・」

とこれまた本音トーク。
しかし、これがクリスチャンの本音も揺さぶり、
祈りって何なのか?と問いが深まる。

聖研が面白い。

御言葉が躍動している。

参加者が躍動している。

僕も躍動している。

今、N大が熱い!


別窓 | 学校訪問 | トラックバック:0
∧top | under∨

N大が熱い!

N大が熱い。

新入生のクリスチャンが法学部に二人入った。

経済学部と法学部の合同祈り会がスタート

男のみ。

110526_1228~01

椅子が4脚。学生4人。主事一人。

座れないのは誰?

もちろん、ぼく。


1年生のクリスチャンから連絡がくる。
僕が連絡したわけではない。
自主的に連絡をくれた。
これはもう行くしかない。

この日は連絡をくれた彼が司会。

何をやるかと思ったら、地の塩・世の光からショートメッセージ。

レジュメを切ってきて語る。

いやーいいですね。
はつらつとした新入生。

もう一人の新入生もまた良い奴。

明るく元気で気の利く奴。

彼が見つけてきた同じ学科のクリスチャン。


祈り会後は、ファミレスで男3人でスイーツを
食べながら救いの証と将来のビジョンを語り合ったよう。

いやー学生だね。
学生っていいね。

今、N大が熱い!

別窓 | 学校訪問 | トラックバック:0
∧top | under∨

聖研で主事の存在意義を考える

さて、学校訪問の季節なり

早稲田、上智、N大

と今週は学校訪問weekなり


主事は学校訪問してなんぼだと改めて思う


早稲田は新歓で、上智、N大は聖研


聖研は、聖書が開かれ、学生たちがどのように聖書を読み、解釈し、生きているかと出会える場

ここを知らずして学生伝道ができるはずない、
と改めて思う

主事は彼らの読み方・生き方に寄り添い、
自らの読み方・生き方をそこで共有していく

共有の仕方は学内によって異なるし、どれくらい出すかの按配が妙

主事力が試されるところ

あまり出しすぎても煙たがれる
学生たちのいいものが消されてしまう

あまりにも出さなすぎては何のために来たの?と思われる
いい意味での影響力が全然ない

主事とは難しいのだ

主事力は日々自己吟味し精進しなければ獲得できないのだ

学生の交わりの中で鍛えられるのだ

それぞれの主事力が各学内でちょうど良く出るように、
みなさん祈ってくださいね


今年もどうぞよろしくお願いします


しかし、聖研は楽しいな~

先の三校には嬉しい未信者の新来者が!

110509_1928~01

早稲田の新歓より
別窓 | 学校訪問 | トラックバック:0
∧top | under∨

今年も多くの新入生が!

110507_1241~01

5月7日

関東地区新入生歓迎会

KGKの春の祭典

各学校の始業の遅れ、当日は雨などなど
例年より参加者が少ないと見込まれる中、
祭りにふさわしい賑わい

170名以上の学生が参加

KGKが初めての学生はうち70名

映像とBGMのクオリティーの完成度の高いムービー

作成はG大の☆剣

奴のセンスは末恐ろしい・・・


続く讃美

度肝を抜かれた

歌唱力、バンドとしての完成度の高さ

神を讃美するために全力で入念に準備してきたW大とTR大のヤローたち


そして司会といえばこの二人

DすけとSくら

爽やかさと軽快さこの上ない

抜群の安定感



そして、T大からKGK紹介

BGMはGReeen

そうきますか。

野球に譬えるならば変化球でした

ところで、今回T大からはなんと15人も参加!(今回一校当たりの参加人数としては最多)

しかも初めての学生が8人!

アンビリーバボー!!!

数年前を思うと思わず涙が・・・

先輩のみなさん、T大は頑張ってやっていますよ!



しばし静寂の時



TR大のTくまによる証

「サッカー、ギター、建築、バイト、遊び」

彼の学生生活にKGKの文字が入る隙間は最初なかった

が、「僕もサッカーします」というKGKの役員の誘いにより、
気がつけばKGKに。

そして、学内での場所を安定的に確保するために学校側と交渉

度重なる交渉も結果は学内での活動は禁止に

それでも


「僕たちはここでめげるんじゃなくむしろ根強く祈祷会をやっていこうと考えてます」



嘘じゃない本物のコトバの強さ

KGKは本物の信仰のコトバと出会える場

学生時代に絶対にみんなに経験して欲しいことの一つ

先輩から、同輩から、後輩から、主事から、

本物のコトバと出会える

僕らのうちにずっと残るのは本物だけ



しかし、こういうと聞こえがいい

最初は、

「KGKって、堅い、暗い、つまらないの三拍子でしょ」

と感じる人もいるだろう

その批判も甘んじて受けとめよう


KGKはビーフジャーキーのようなものだ

噛めば噛むほど美味さが滲み出る


KGKは3回来て初めてそのうまさがわかる(BY O主事)

改めてそう思う。


新入生のみなさん、KGKはもういいかなと思っているみなさん

ぜひ、あなたもKGKに

ここには本物ありますから


別窓 | 未分類 | トラックバック:0
∧top | under∨
| KGKヒデ主事の徒然日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。