FC2ブログ

KGKヒデ主事の徒然日記

支える会合同幹事会

合同幹事会
今日は主事の支える会の合同幹事会。

実に32人もの方々が集まった。

Y主事による「KGKは、なぜ潰れなかったのか?」という学び、
T主事支える会幹事の証し、
各支える会の働きの取り組みの分かち合いと祈り会
という3本立てだった。

証では、支えることの恵みが話された。
10のポイントにまとめられており、

「支えることそのものが恵みです」

という言葉は、信仰者の奥義に触れた
ようだった。

僕らは「?してくださったから、?します」
という「恩返し的奉仕」をしようとするところが
どこかあると思う。

でも、支えること、神の前に仕えること
そのものが恵みだというのは、
救いが天国への切符を手にしたということ
以上のことなんだと思う。


その後は各支える会の取り組みの分かち合い。

「うちではこんな活動しています」

といった紹介がされるんだろうと思っていた。

でも、各支える会の幹事の話を聞いていると、
主事の置かれた立場や状況を知って支えていこうとする
幹事たちの温かい、励ましの言葉が分かち合われていた。


「KGKは、なぜ潰れなかったのか?」


こうした支援者が60年間支えていてくれたからだ。
別窓 | 未分類 | トラックバック:0
∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| KGKヒデ主事の徒然日記 |