KGKヒデ主事の徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

修養会に行ってきました

ご無沙汰していました。

GWはブログもお休みしていました。

ところで、毎年GWにはうちの教会で修養会(バイブルキャンプと呼んでいます)が
行われます。

この数年は準備委員も担当しています。

今年は記念すべき50回目でした。

1960年から毎年開催されてきたのです。

毎年、その年の教会のテーマを学ぶ時になっています。

今年はどうだったかって?

「行きて実を結べ」(ヨハネ15:16)

これが今年度のうちの教会のテーマとテーマ聖句。

今回は講師に○分寺バプテスト教会のY先生を
お迎えしました。

タラントの譬え話の解釈はなかなか興味深かった。

タラントはそれぞれのしもべの能力に応じて支払われた
ということから、タラントと能力は別物であるというのだ。

このタラントとは、様々な議論があるようだが、
聖書からは主人の財産であったことがわかる。

財産を渡すことは、ユダヤ人にとっては自分の割り当て地を
譲ることであり、それは命を渡すほどのものなのだ。

ということから、タラントとは「神の御子ご自身」ではないかと
説明されていた。

タラントとは、自分を活かすアイテムや能力といった
軽いものではないのだ。

自分を活かすどころか、周りの人々をも活かし、
どんなに使っても枯渇することがないのだ。

「行って実を結べ」と私たちを遣わす神様が、
私たちにまずイエス・キリストを与えてくださっているのだ。

実を結ぶとは、単なる自己実現とは違う。

このキリストが自分をはじめ、
周囲の人々をも活かしていくことなのだ。

別窓 | 未分類 | トラックバック:0
∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| KGKヒデ主事の徒然日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。