KGKヒデ主事の徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

学セミ??ふっ切れた学生

学セミ?
僕が担当する多摩からは6名が参加。

ブロック役員3人は全員参加。
(でかしたぞ!)

ある学生(女性)は、最近新入生が二人紹介された。
しかし、彼らは共に男性だ。

僕は学セミが始まる前に、この学生の大学に訪問し、
彼らと学食で昼食を共にした。

「何学科なの?」

と聴くと、

「救急救命学科です。」
(”きゅう”が3回続いている?)

と、2人とも体育会系の青年だ。

男性主事の僕が訪問して良かったと思った。


その学セミに参加した学生に、学セミの感想を聞いてみた。

そうしたら、

「結局は自分なんですよね?」

とふっ切れた感じで一言。

そう、学内活動をする時に心を萎えさせるものは、
自分が置かれた状況や環境。

やる気があっても、こいつらのせいで、
遅々として学内活動が進まないのだ。

いくらお祈りしても自分に都合の良いように
状況が変わらないことはある。

だから、問われているのは、結局その状況でも、
自分がどう神様に応答するかということ。

そしてこの「ふっ切れる」ことが学内活動において大事なのだ。
(いや、人生全般ですね)

『皆さん、最近、ふっ切れていますか?』
(栄養ドリンクのCMみたい…)


別窓 | 未分類 | トラックバック:0
∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| KGKヒデ主事の徒然日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。