KGKヒデ主事の徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

説教演習

主事の大切な働きに説教がある。

主事たちは時々、お互いの説教を聴き合って、
批評し合う(良い意味で)説教演習の時をもつ。

昨年の12月以来で、今回もまたKGKの主事以外の方々が
参加してくださった。

他団体のスタッフ、教会での伝道師といった方が
きてくださった。

今回、説教をしたのは、4月から関東地区の主事になった
N主事とある高校生伝道でスタッフをしているSさん。

N主事の説教は、大卒ルーキーとは思えない素晴らしい説教だった。
(期待していなかったという意味じゃありませんよ!
予想以上にすごかった!ということ)

文学的な語り口で、印象的な言葉が多い説教者。
だから、何を聴衆に残すかが問われてくるんだろう。
(T元主事と似ているところが少しあるかも)

Sさんの説教は、実際に高校生に語った説教ともあって、
語られている高校生のリアリティーが垣間見えた。
彼らのことを祈って言葉が練り上げられていた。

ゆっくりと、優しく、柔らかいタッチで語る方なので、
聞きやすく、また、言葉遣いも平易なので、わかりやすい。

この道のプロだなーと感心した。

説教演習後、遅めの昼食を交えながら、お互いが説教をする際に
覚える課題や難しさなどを分かち合った。

分かち合いはとめどなく続き、気づいたら…

僕は説教する機会がなかったが、
今回もまた自分の説教を吟味する良い時になった。

うーん、やっぱり説教演習は大切ですわ。
別窓 | 未分類 | トラックバック:0
∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| KGKヒデ主事の徒然日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。