KGKヒデ主事の徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

強靭かつ美しのボディーを獲得した彼

かねてから気になっていたことがあった。

それは聖書のページが折れ曲がってしまうことだ。

そのたびごとにいつも丁寧に直していた。

しかし、この度僕は人生で初めて聖書カバーを購入した。

御茶ノ水の某キリスト教書店のギフト券や
割引券があったので、遂に決断に踏み切れた。
(ちょっと大げさですが…)

僕の携帯用聖書は、小型版の新改訳聖書の第3版。

彼は合宿の時には他の荷物とスペースを競合する。

聖書は紙で柔らいから、スペースへの自己主張も弱い。

衣類などが入ったビニール袋たちが、
「俺はスペース譲らないもんね」と頑なに
主張してくる。

それだから、聖書は真中にいれたはずなのに、
いつの間にか鞄の隅っこに追いやられる。

いや、それだけではない。

鞄の上から容赦なく投入される眼鏡ケースや財布などによって、
彼は形を変形させられたり、ページがよれ曲がったりする。

そう、彼はいつも忍耐しているのだ。

そのように痛めつけられた聖書が僕には不憫で、
僕には忍耐が出来なかった。

だから、いつか、この聖書が鞄の中でも、
他のものにも負けない強靭な肉体をと密かに願っていた。

その答えが聖書カバーだった。

ただ、僕はいわゆるチャック式の聖書カバーは
苦手だ。

開けるのが面倒くさいのだ。

しかも2000円以上するので、少々高い。

でも、聖書が折れ曲がるのは守りたい。

どうするか?

ボタン式の聖書カバーだ。

これだとすぐに聖書が開けるし、値段も安い。

そして、このたびやっと聖書カバーを購入した。

彼を守りたいと思って、早何年…

ついにこの時が…

彼はもはや縦横の攻撃にも耐えうるボディーを
手に入れたのだ!

「どっからでもかかってきなさい!」

と言わんばかりの力強いボディーだ。

しかも青空の風景を身に纏い、颯爽と
した感じは、鞄という閉塞感の中でも、
彼の自由さが醸し出されている。

美しさも兼ね備えたボディーだ。


こんなことでも僕はブログを楽しく書けるので?す

別窓 | 未分類 | トラックバック:0
∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| KGKヒデ主事の徒然日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。