KGKヒデ主事の徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

長老教会ツアー

信仰と科学

今日は関東地区協力会運営委員会の先生と共に、
3つの教会を訪問した。
日頃、KGKに対して考えておられる意見などを伺いに行った。(with KGKの紹介)

先生が長老教会の牧師のため、武蔵中会の長老教会を巡ってきた。
「THE 武蔵中会ツアー」
とでも名づけられるよう。

最初は、10:00に東大和刈穂キリスト教会。
韓国人の先生が牧会している教会。
先生曰く、
『韓国で学生伝道団体と言えば、圧倒的にCCCなんですよ』
理由を伺ったところ、
『教会論がしっかりしているんですよ。神の国という一つの目標のために、
教会と良い協力関係を持っているんですよ。』

これぞ、KGKも目指しているところ。

2つ目は、11:30に玉川上水キリスト教会。
主の祈りの礼拝説教シリーズが171回目を数えている。
Amazing !

博学の噂は噂通りだった。(先生の著書、頂きました!)
『無名の古代教父なんですが、キリスト教会の大きな幹を作った人で、
カルヴァンもそこに…』
『19世紀のファンダメンタリズムは、リベラリズムの「社会的福音」に対して、
「魂の福音」だけは死守しようとしたんですが、それが今の聖書的世界観への関心の低さに…』

先生はノンストップで語り続け、先生(協力会の)と僕はひたすら聞き続けた1時間半だった。
そんな中、3回お腹が鳴ったのは恥ずかしかった。
僕は聞き足りなかったので、帰宅してから再度電話をしお話をした。
今後も折りある毎に、先生の博学な知識と温かい人柄に触れたいです。

(駅に向かう途中、コンビニの肉まん3つをほおばる。)

3つ目は、14:00に所沢聖書教会。
大田和元KGK総主事と同じ時期に学内におられた先生が牧会している教会。
信仰の有り様を内面的な世界だけで捉えてしまうことに対して、
鋭い問題意識を持っておられる先生。
信仰を感覚だけでなく、理性的に考えることが大切だと。
KGKの「学生主体」はまさにそういうことですよね。

帰り際に先生が
「次は2月あたりに神奈川中会にでも行きましょうか」
と。

「THE 神奈川中会ツアー」
乞うご期待!

別窓 | 教会訪問 | トラックバック:0
∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| KGKヒデ主事の徒然日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。