KGKヒデ主事の徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

聖契神学校のリトリート

聴講で通う聖契神学校のリトリート合宿に
参加した。

この神学校には現在68名の学生(聴講含む)が
在籍している。

が、私は週1コマしか授業を履修していないので、
そのクラスの学生(15名)しか知らなかった。

ので、参加した。

テーマはファミリーミニストリー。

2日目に聖研(?サムエル16?17章)をしたのだが、
ダビデが王としてサムエルから油注がれる場面だった。

ここからダビデ家の祝福を読み取るという
質問だった。

が、僕は、どんなに読ん でも見つけられなかった。

しかし、周りの方々は、
父エッサイが長男から順番にサムエルに「どうですか?」と
差し出すところに親としての配慮があると分かち合っていた。

「ほーそう読みますか?」

これまでに全く意識したことのない聖書の
読み方だった。

そのような読み方をされていたのは、
子どもをお持ちの方々だった。

ライフステージの変化によって、
聖書の読み方も変化するのだろう。

僕の聖書の読み方もこれから変わっていくのだろう。
別窓 | 未分類 | トラックバック:0
∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| KGKヒデ主事の徒然日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。