KGKヒデ主事の徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

キリストのからだを刺激し合うブロッ祈

先週、多摩ブロックの祈祷会があった。

今回は女子学生が少なく、
久しぶりに男子ばかりのブロッ祈だった。

低音の讃美が会堂に鳴り響いた。

昨年度までの多摩のブロッ祈を思い出した。


今回はまた、夏のキャンプや学内活動セミナー
あたりから関わり始めた1年生が5人来ていた。

彼らの学内活動へのモチベーションは高く、
こういう仲間が同学年にいると、刺激し合える。

そういえば、僕は学生だった頃、ブロッ祈や
地区の集会・合宿で同学年にはいつも関心が向き、
刺激されていた。

「やべぇ、こいつ俺よりしっかりしてる」
「俺より聖書をよく読んでるし、知識も豊富だ」

同学年でこういう学生がいると、
ちょっと背伸びをして、自分を大きく
見せようと頑張っていた。

その背伸びは、別に虚勢を張ることではなく、
キリストの身丈に少しでも近づこうとするものだ。



今年の関東地区の年間テーマは、
「キリストのからだを建て上げよう!」

ブロッ祈には、キリストのからだ、
その身丈に近づくことを刺激してくれる
仲間がいる。

そして、この日もキリストのからだがまた建て上がった。






別窓 | 未分類 | トラックバック:0
∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| KGKヒデ主事の徒然日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。