KGKヒデ主事の徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

NCに行こう!

prenc.jpg
来年の3月8?12日かけて、
NC(全国集会)が開かれる。

KGKの全地区から約400人の学生が、
一同に会し、共に御言葉に聴き、祈り合い、語り合う。

3年に一度の集会だが、
昨年にEARCという東アジア地区大会が、
日本で開催されたので、前回の2006年から、
4年ぶりの開催となった。

だから、現在の学生でNC経験者はごく稀だ。

「NC?何それ?KGKの祭り?」
「参加費27000円+プール制交通費15000円!高いな?。お金ないよ。無理」

と、このブログを読んでくださっている学生の皆さんの中に、
このように思われている方もいるかもしれない。



先週の土曜日に「プレNC」というものが、
関東地区の学生会の企画が開かれた。

読んで字のごとく、NC前の集会。

NCの意義を知り、NCへの期待を膨らませ、
NCの準備のために祈る集会。

NCで顔を合わすであろう各地区の学生たちが、
ビデオレターで紹介されていた。

どの地区の学生も

「NCに期待することは?」

という質問に対して、

異口同音に、

「他の地区の学生と交わりを期待しています」

と答えていた。

NCの魅力は何と言っても、キリストのからだの広がりを
体感するところ。

これは口で説明してもしきれない。
参加するのみ。

全国津々浦々から、学内宣教に励む同労者が集まる。

そして、互いに御言葉に聴き、学内の状況を分かち合い、
祈り合う。

このことはどれだけ自分を含め、他の地区の学生を励ますことか。

僕も学生時代にNCに参加した。

どの地区でも学内の悩みは一緒なんだと思った。

グループのメーリングリストを作って、
NC後も祈祷課題を分かち合って、祈り合う交わりを作った。

再会日も2回行なった。

主事になってからは献金で支えてくれる方もいる。

また、NCは「日本に遣わされたキリスト者」ということを
意識させられるプログラムが多い。

僕らの視点をより広げてくれる。

この国でキリスト者であることの意味を考えさせてくれる。

僕が参加したときも、「戦争責任」というテーマで
特別講演があり、

「これもキリスト者が考えるテーマなんだ」

と初めて知ったときだった。


さてさて、少しはNCに関心を持ってくださったかな?

まずはNCのホームページを見てみよう!
以下をクリック!
2010NCのHP
別窓 | 未分類 | トラックバック:0
∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| KGKヒデ主事の徒然日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。