KGKヒデ主事の徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

久しぶりに美術館、の前に

久しぶりにOFFに美術館に。

しかし、そこに至るまでは、
長い道のりだった。

僕の心の遍歴にお付き合いいただきたい。

※注意:お時間のある方だけお読みください。かなり長いです



昼、○大の祈祷会に向かった。

電車のつり革広告に、
森美術館での「ボストン美術館展」
のチラシを見つけた。

「あっいいな」

と思った。

久しぶりにピンと来た。

祈祷会後は、ここにしようと。

……

祈祷会が終わり、新宿行きの電車に。

ここまでは順調だった。

しかし、ここから僕の心の葛藤が始まった。

「今日は天気が良いではないか。
それなのに僕は美術館に行って良いのだろうか?」

そんな心の声が聞こえてきた。

僕は新宿行きの各駅に乗っている。

まだ時間はある。

新宿には新宿御苑がある。

そこで読書をしても良いではないか?

しかしまた、別のアイディアも。

新宿にはルミネTHE吉本があるではないか。

かねがねいきたいと思っていた。

気分的にはお笑いを見て、
スカッとしたかった。

そう思うと、僕はのんびり絵画を
見たいのかと思えてきた。

まあ、良い、新宿まではまだあるのだから。

一応、それでも僕の中では森美術館(六本木)を
第一候補としていたので、六本木を目指した。

笹塚で乗り換えて、新線新宿で降りた。

大江戸線に乗り換えたら、
もう六本木に行くのみ。

新線新宿の改札を出た。

しかし、足は大江戸線には向かず、
ルミネTHE吉本に。

ルミネ2の一階に掲示されていた
今日の芸人。

cowcow、チュートリアル、はんにゃ、
東京ダイナマイト…

加えて吉本新喜劇。
座長はホンコン(130R)

15時から講演開始。

現在2時半前。

まだ行けるぞ、
値段は2500円くらいかなと思ってみたら、
4500円だった。


4500円か…

ここからの30分は、
きつかった。

僕は悩んだ。

漫才のラインナップはそこまで
見たいものではなかった。

しかし、せっかくの機会だし、
いやでも別に今日じゃなくても…

費用対効果

僕の悩みはこの一言に尽きた。

とりあえず、ルミネを出た。

そこには

「ルミネTHE吉本残り僅かです」

という勧誘者の声が。

しかしとりあえず、階段を下りてGAPのお店に入った。

意味はない。

この悩みの渦の中から
抜けて出たかった。

でも、それほど簡単に抜け出られる渦ではない。

再びルミネの前に戻ろうとお店を出た。

さきほどの勧誘者の声に再び反応し、
配っていたチラシを受け取った。

500円引きと書いてあった。

4000円か…

あーどうする、田中秀亮

時間はあと10分。

エレベーターには人だかりが。

乗るか、どうする、秀亮!

エレベーターが混んでいたので、
止めた。

しかし、もう一方のエレベーターが開いた。

あーどうする、これが最後のチャンスだ、
秀亮、これを逃したらもうないぞ、秀亮。

と思っていたら、エレベーターの扉は閉じた。

THE END

僕は後ろ髪を引かれる思いを
持ちながらもルミネを後にした。

……

大江戸線の改札前に着いた。

しかし、再び自分に問いかけた。

僕は絵を見たいのか?

モネ、ドガ、ルノワール、レンブラントを。

答えはNoだった。

しかし、もうここまで来ると
そうやすやすと家にも戻れない。

しかし新宿御苑という選択肢は
もはや僕の頭にはなかった。

じゃあどうする。

とりあえず近くにあったユニクロに。

最近、CMでやってた○○キードライが
気になっていた。

しかし、ここでも迷う。

○○キードライは、一つで990円。

しかし、2着で990円の薄手のインナーも
売っていた。

あーどうする。
どっちにする。

仁義なき戦いが始まった。

15分近く悩んだ末、店員にも

「シャツを着たときに透けないですか?」

と聞いた挙句、○○キードライを購入に。

ふー、終わったぜ。

しかし、疲れる。

さあどうする秀亮。

大江戸線に乗って六本木に行くか?
それとも家に帰るか?

この二者択一を決めるのに、
まだ僕はビビっていた。

だから、とりあえずまた近くをぶらつく。

いっそうのことVIDEFRANCEで読書でもするかという誘惑が…

いやいや、それは駄目だ。

まだ読書をする時間帯としては早い。

それに読書はいつもしている。

わざわざ新宿ですることじゃない。


邪念を払い去るように、パン屋を後にした。

再び大江戸線の改札前に。

僕はずーっと考えていた。

今日は特に絵が見たいわけでもない。
また、絵に関しては全くの素人。

入場料は1500円

さっきの4000円を思えば、
○○キードライを買って、
美術館に行っても、
まだ安い。

どうする、秀亮…


……

改札前をうろちょろすること10分。

遂に行くことにした。

決め手?理由?

そんなのない。

後にはひけなくなった。

ただそれだけだ。

もう行くしかない。

何がどうなろうと行くぞ。

悲壮なる決意で僕は六本木へと向かったのだ。


別窓 | 道楽 | トラックバック:0
∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| KGKヒデ主事の徒然日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。