KGKヒデ主事の徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

現代学生考

4,5月は新主事研修の期間。

この日は関東地区の主事研修も兼ねて、
某高校生伝道団体のスタッフをされているAさんに
「現代学生理解」というテーマでお話し頂いた。

とても興味深く、また、教えられることの多い研修だった。

「10台の子どもは行動志向、それに反して大人は言語志向」

という話がされた。

高校生は子どもでもなく、大人でもない。
どちらでもあるどっちつかずの状態だと。

だから、キャンプでは徹夜をし(行動志向)、
そして、夜な夜な語り合う(言語志向)、
とのことだ。

もちろん、10台までが行動志向で、
それ以降はきれいさっぱり言語志向に
変わるというものでもないが、
人間の傾向としてはそうなのだろう。

僕は思う。

逆の場合もあるのかなと。

逆というのは、10台の子どもの頃から、
教会では奉仕に熱心に取り組み、勉強も頑張り、
あまり遊ぶことをしなかった人たちのこと。

そういう人たちは、トランプでも、ショッピングでも、
カラオケでも、東京ドームで野球観戦でも、何でも良いから、
遊ぶことが大切なんだと思う。

一緒に誰かと行動すること、
そうしたことに価値を認めることが
大事なんだと思う。

たまたま最近そうしたことを考えていたので、
この話を聞いていた時に、ふと思い出した。



別窓 | 未分類 | トラックバック:0
∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| KGKヒデ主事の徒然日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。