KGKヒデ主事の徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

行田名物

先日、行田カベナント教会(僕の所属教会からの開拓教会)の
Y先生ご夫妻を夫婦で訪ねた。

ご自宅で豪勢な料理をふるまってくださり、
尽きぬお話を楽しんだ後、
行田名物を食べに連れて行ってもらった。

どちらも名物にふさわしい存在感だった。


一つ目は、聞いて驚くことなかれ。

その名は、

ゼリーフライ!

100719_1624~01
佇まいが良い。

100719_1624~02
1ヶ60円。小・中学生にも嬉しい値段。

さて、何が出てくる??










100719_1625~01
おっーと、そうきたか?
どこがゼリーなんだぁー!!

と、Y先生に丁寧に聞いてみたところ、
二つの説があるらしい。

1、訛ったもの
銭型フライ→ゼニギャタフライ→ゼニフライ→ゼリーフライ

2、食感
ゼリーのような食感、
とまではいかないが、独特の柔らかさ。

部活帰りに嬉しい一品です。



2つ目は、これまた予想を裏切ってくれました。

その名は、

行田のフライ

100719_1630~01
行田には「フライ」と呼ばれるものを売っている店が、
数十件あるよう。
数ある中でもここ古沢商店が元祖。
創業は今年で85年。
しかしのぼりは比較的新しい。

100719_1631~01
この紙が古ぼけた感じに年季を感じますね?

そして出てきたのものは!!







100719_1638~01
すみません。食べ始めてから気がつきました…
食感がお好み焼きともんじゃ焼きの中間(お好み焼き寄り)。
味はお好み焼きですね。
ソースが美味い。
値段は250円。

あのボリュームを覚えれば良いでしょう。
これまた部活帰りでその後塾に行く中学生・高校生に、
嬉しい一品。

しかし、何を隠そうこのフライ。

実は揚げることはなく、焼いただけです。

えっ、なぜ、フライ?

それは分からないとのことです。

まあ良いさ、中学生や高校生にはそんなこと関係ないさ。


行田名物。

行田にお立ち寄りの際は、あなたもいかが?
別窓 | 道楽 | トラックバック:0
∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| KGKヒデ主事の徒然日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。