KGKヒデ主事の徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

後期も続けられることを信じて

100720_1215~01

前期最後の学校訪問は、
慶応大SFC(湘南藤沢キャンパス)。

昨年度までは毎週定期的に聖研が行なわれていた学内。

しかし、卒業生を送り出し、
新入生は与えられるものの、
なかなか繋がらず、
今は学生二人が20分間の昼休みに10分間の祈り会。

それもなかなか続けるのが難しく、
来月はそのうちの一人がフランスに留学。

このままでは…という思いの中、
僕はSFCを訪問した。

前回の訪問で後期に繋がる何かをと、
学生たちと話し合った末、
聖研をやろうということになった。

そして当日。

嬉しいことに、F女学院大のSちゃんも来てくれた。

ヨナ書から聖研。

人数こそ少ないが、学内で伝道したいという
思いは強い。

ヨナ書から宣教について学ぶことに。

場所はカフェっぽい、学食。

テスト期間なので、僕らが入ったときは、
誰もいない。

聖研には丁度いい。



聖研は1時間ちょっとで終わった。


久しぶりの聖研に、SFCの二人は感動していた。

「ヨナ書の2章もやりたい。」


人数は少ない。
分かっている。
でも、聖研を学内で続けたい。

そんな学生たちの思いを励ましたい。

後期もSFCで聖研を。

SFCは10月に9月入学者の新歓がある。
新入生が与えられることを信じて。
また、既に与えられている学生たちが
この交わりに繋がることを信じて。


100720_1357~01
SFCの名所。鴨池。
ここでのんびり過ごすことを「かもる」

かもるMチュー

別窓 | 学校訪問 | トラックバック:0
∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| KGKヒデ主事の徒然日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。