KGKヒデ主事の徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

南大沢チャペル訪問

CIMG2393_convert_20081121025529.jpg
来年度の働きの相談をするため、
元KGK主事のM先生が牧会する
南大沢チャペルを訪れた。

「主事は情報量、経験、理念を持っている存在」
「何を選び、何を捨てるのか?」
「生産性の悪いことをできるのがKGK」

印象深い言葉だった。
KGK主事をやってきた人の言葉だと思った。

継承とは色々な資料を整理して渡すだけではなく、
こうした口伝によって、後の者たちに支える言葉を
残していくことだと思った。

これからの時期は学内、ブロック、地区それぞれにおいて
継承が大きな課題となる。
先輩たちが後輩たちに支えとなる言葉を残すことを、
期待し、祈り求めていきたい。
別窓 | 教会訪問 | トラックバック:0
∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| KGKヒデ主事の徒然日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。