KGKヒデ主事の徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

12同期会合宿

先週12同期会合宿が行なわれた。

12同期会とは2012年度卒業予定の学生たち。

現在の3年生が主な対象だ。

進路選択・労働観というテーマから
学びの時を持った。

講師は元主事、元アクサ生命の営業、現在某神学生
といったなかなか面白い経歴をもつ方に。

創造・堕落・贖罪・終末という聖書の歴史観から、
労働とは何か?を見ていった。

とても素晴らしい内容だった。

世話役たちもとても喜んでいた。

もう今回の学びで100%です。
大丈夫です。
と言ってしまうほどに。

「御心はどこに行くかではなく、誰と共に行くか」
「ここには神はいないと思えるところに神はいつもいてくださる。
イスラエルの民もそうだった。聖書は神が共にいますと一貫して語っている」

僕のなかで印象に残った言葉だ。

神様が共にいてくださる、
その確信と信頼の中で主に献身していく。

進路選択の根本はここなんだろう。

主事になることを決めた時もそうだった。

もうそろそろすると、各学内&ブロックでの
クリスマス会が始まる。

インマヌエルの神を思う時期。

主が共にいてくださる恵みを覚える12月でありたい。
12同期会合宿

別窓 | 未分類 | トラックバック:0
∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| KGKヒデ主事の徒然日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。