KGKヒデ主事の徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

早稲田合宿

ヘボ研に次いで早稲田合宿。

場所は同じ。最終日と初日が
同じ日だったのでそのまま突入。
(少し休憩はいただきましたが)

合宿に連続して参加したからか、
学内の交わりの作り方の違いを感じた。

どちらも10人ちょっとだった。

ヘボ研は小グループで交わるのに対し、
早稲田は一つのファミリーのように、
食事の時もフリータイムの時もみんなで話す。

まあそこにいる学生の影響が大きいのは多分にあると
思うが、こうした違いを見るのも面白い。

主事はそのどちらでも交わりを楽しむ”主事力”ならぬものが
要求される。

早稲田では毎年春合宿では卒業生の証がある。

今年は3人。

全員男性。

初対面でいきなり口論したこと、
家族とのこと、
学内での奉仕や進路のこと、

それぞれがヒストリーを分かち合ってくれた。

僕はこの証を聞くために合宿に来たといっても
過言ではないくらいに、卒業生の証には神様の恵みが
詰まっている。

継承とは、まさにこうした卒業生たちの言葉を聞くことだと
改めて実感した。

他にもある学生と3時間にわたって風呂で語り合ったりもした。
1泊2日だったが、濃密な時間を過ごさせてもらった。

早稲田春合宿証会

別窓 | 未分類 | トラックバック:0
∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| KGKヒデ主事の徒然日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。