KGKヒデ主事の徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

栃木ブロック

a0015994_convert_20081220235932.jpg

突然ですが、問題です。

「関東北部にある3県を太平洋側から順に答えなさい。」

みなさん、答えられますか?

正解は「茨城、栃木、群馬」です。
出来たでしょうか?

ちなみに僕は…

さて、今日は栃木の学生たちに会いに行った。

彼らに会いに行くため、はるばる東京から
栃木へと向かった。

国際医療福祉大の近くにO教会がある。そちらを
貸していただき、そこに通う学生と栃木県立衛生福祉大の学生、
そして埼玉県立大の学生、帝京大の学生、僕の計5人で聖研をした。

衛生福祉大の学生はKGKの交わりに初めてだった。
来られて本当に良かった。

KGKと言えば、聖研と祈り会。

この栃木の地でも聖研と祈り会を行なった。

マリヤへの受胎告知の記事から。

「聖霊があなたの上に臨み、いと高き方の力が
あなたをおおいます。それゆえ、生まれるものは、聖なる者、
神の子と呼ばれます。」(ルカ1:35)

マリヤの上には聖霊が臨み、父なる神の力がマリヤ全体を包み込み、
そしてマリヤの胎の内には御子なるキリストが宿っている。

三位一体の神がマリヤを外から内からと囲い込んでいるのだ。

これは何と「アメイジング!」なことか。

もしかしたらマリヤほど、三位一体の教理を深く味わった人はいないのかも
しれないと、何ら推測に過ぎないが、そう思った。

よく読む箇所だが、それでも新たな発見があり、喜びがある。

それが聖研の醍醐味であり、聖書の醍醐味だ。

みんなもお互いの聖書の読み方を聞きながら、メモを取ったりと、
新たな発見があったようだ。

聖研の後は、祈り会。

KGKと言えばこれを抜きには語れない。

お互いが置かれている学内のことや家族のことなんかを
素朴に分かち合った。

ある学生が、

「自分の家は父と祖父が仏教徒で、自分は長男なので、
お墓のことはいずれきちんと言わなければならない。」

と分かち合ってくれたのは、印象的だった。

そして、ゆっくりと分かち合った後、分かれて祈り合った。

教会を出たのは5時半過ぎ。

栃木滞在は正味4時間半くらいだろうか。

片道3時間弱の時間を思うと、あっという間だった。

ある学生は所用のため、電車に間に合わず、
行きは新幹線を使って来ていた。

時間とお金は正直かかる。

それが栃木。

しかし、出会うことなくしては得られない交わりが
そこにはあった。

それはPricelessなものだ。
別窓 | 学校訪問 | トラックバック:0
∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| KGKヒデ主事の徒然日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。