KGKヒデ主事の徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

お疲れ電飾!

1160010000053.jpg
うちの教会では毎年クリスマスに向けて
電飾を飾る。

その作業は、たいてい11月の第2日曜日に。

あれから、クリスマスが過ぎ、年が明けた。

その電飾とおさらばしたのが、
今日だった。

振り返れば、電飾をつけた日は、
陽が短くなり、寒さを徐々に実感した
始めた頃だった。

あの日は、

「寒い!手がかじかむ…
枝、痛い!ちょっとどいてて!
もう、勘弁して…」

などと、悲鳴が飛び交いながら、
作業は行なわれていた。

終わった後は、互いを「よく頑張った」と慰め合った。


外す今日はと言えば、あの時よりも日は短く、
寒さも厳しかったのだが、悲鳴は聞かれなかった。

「もう寒さになれてしまったからか?」

それも確かにある。

でも、3ヶ月近く風雨の中でも照り輝き続けた
電飾を取り外すために彼らを手に取った時、

何だか、

「お疲れさん」

と、彼らを労わってやりたくなった。

なんだか、電飾も師走の同労者のように思えてきたのだった。


とは言っても、電飾を巻きつける作業は苦労した。

やっぱりやつは電飾。

別の悲鳴が…


別窓 | 未分類 | トラックバック:0
∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| KGKヒデ主事の徒然日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。