KGKヒデ主事の徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

クリスマス会から思うこと?

今月発行したニュースレターより

『昨年のクリスマス会から思うこと』

新年明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

ちょっと前のことになるが、12月に様々な学校やブロックでクリスマス会が開かれた。

この時期にクリスマス会が開かれるのは毎年のことであり、
学生も主事もこの時期はクリスマス会で忙しい。

クリスマス会はたいてい未信者の学生も参加対象となる。
彼らと福音を分かち合う機会として、
それぞれの学校やブロックでは準備してこの会を開催する。

学内の聖研に来ている求道者を誘うのはもちろんのこと、
聖書研究会の時間には足を運ぶのが難しい学内の友達も、
「この時はもしかしたら?」という思いで
「クリスマス会があるんだけど、来てみない?」と
勇気を出して誘ってみたりする。

そうした集会としてクリスマス会は用いられてきた。

だから、クリスマス会は「未信者を誘って何ぼのもん」と言うこともできると思う。


明日へ続く
別窓 | 未分類 | トラックバック:0
∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| KGKヒデ主事の徒然日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。