KGKヒデ主事の徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

3人の祈りから

110613_1318~01
新宿、渋谷といった副都心を
一望できるキャンパス。

僕の担当校の一つ。

先日嬉しいことに今年度初の祈り会がもてた。

H大は昨年、御茶ノ水ブロック役員の学内訪問によって
聖研が生まれた。

今年に入ってからはなかなか連絡が
つながらずにいたが、
ようやく先日祈り会がもてた。

この日も都心を眺めながら。

3人の学生が昼休みに集合。

「どうも、お久しぶりです」

とから始まり、その前のブロック役員会で
決まったH大のブロッ祈の学内紹介の準備を
どうするかを話し合った。

誰が仕切るか決まってない。
手探りで進んでいく感じが、
僕が学生時代に聖研を始めた頃を思い出す。

そして、気がつけば授業が始まる10分前。

それでも祈祷課題をそれぞれ
短く分かち合い、祈りが捧げられる。

東京の騒音のど真ん中で、
梅雨空の分厚い雲を越えて、
神への祈りの香はかき消されず昇っていく。
別窓 | 未分類 | トラックバック:0
∧top | under∨

今年も多くの新入生が!

110507_1241~01

5月7日

関東地区新入生歓迎会

KGKの春の祭典

各学校の始業の遅れ、当日は雨などなど
例年より参加者が少ないと見込まれる中、
祭りにふさわしい賑わい

170名以上の学生が参加

KGKが初めての学生はうち70名

映像とBGMのクオリティーの完成度の高いムービー

作成はG大の☆剣

奴のセンスは末恐ろしい・・・


続く讃美

度肝を抜かれた

歌唱力、バンドとしての完成度の高さ

神を讃美するために全力で入念に準備してきたW大とTR大のヤローたち


そして司会といえばこの二人

DすけとSくら

爽やかさと軽快さこの上ない

抜群の安定感



そして、T大からKGK紹介

BGMはGReeen

そうきますか。

野球に譬えるならば変化球でした

ところで、今回T大からはなんと15人も参加!(今回一校当たりの参加人数としては最多)

しかも初めての学生が8人!

アンビリーバボー!!!

数年前を思うと思わず涙が・・・

先輩のみなさん、T大は頑張ってやっていますよ!



しばし静寂の時



TR大のTくまによる証

「サッカー、ギター、建築、バイト、遊び」

彼の学生生活にKGKの文字が入る隙間は最初なかった

が、「僕もサッカーします」というKGKの役員の誘いにより、
気がつけばKGKに。

そして、学内での場所を安定的に確保するために学校側と交渉

度重なる交渉も結果は学内での活動は禁止に

それでも


「僕たちはここでめげるんじゃなくむしろ根強く祈祷会をやっていこうと考えてます」



嘘じゃない本物のコトバの強さ

KGKは本物の信仰のコトバと出会える場

学生時代に絶対にみんなに経験して欲しいことの一つ

先輩から、同輩から、後輩から、主事から、

本物のコトバと出会える

僕らのうちにずっと残るのは本物だけ



しかし、こういうと聞こえがいい

最初は、

「KGKって、堅い、暗い、つまらないの三拍子でしょ」

と感じる人もいるだろう

その批判も甘んじて受けとめよう


KGKはビーフジャーキーのようなものだ

噛めば噛むほど美味さが滲み出る


KGKは3回来て初めてそのうまさがわかる(BY O主事)

改めてそう思う。


新入生のみなさん、KGKはもういいかなと思っているみなさん

ぜひ、あなたもKGKに

ここには本物ありますから


別窓 | 未分類 | トラックバック:0
∧top | under∨

学セミⅠに行こう!

110422_1255~01

急募!

学生のみなさま

学内活動セミナーⅠのお知らせです。
5月27日~28日@国立青少年オリンピック記念総合センター
参加費3500円

今回の学セミⅠでは、学内で礼拝するということを考えていきます。

学内での活動がどんなに地味でみすぼらしく見えたとしても、
自分ひとりだけだから活動らしいことは何もしていないと思えてしまっても、
活動に追われてこなすことに精一杯になっていても
楽しく充実している時も

それは神礼拝なのだ
ということに目を留め、学内活動の意義を共に考えていきたい合宿です。

2日目は恒例の分科会です。
実は楽しい聖研
今日も変わらず祈り会
学内活動に疲れた人
僕でいいのか?学内リーダー
一歩前進個人伝道

どう、けっこういいでしょう?

ぜひ、みなさまの参加をお待ちしています!

詳しくはお近くの主事・実行委員会まで~


別窓 | 未分類 | トラックバック:0
∧top | under∨

ブロッ祈

新歓に続き、ブロッ祈

普段のKGKを感じる活動が再開した
今月はBAY,お茶ともに震災を覚える祈祷会とした。

今、キリスト者として何ができるか?

というテーマで詩篇46篇から説教した。
奇しくも詩篇46篇10節は今年の年間テーマ聖句。
今年のはじめには聞こえなかった46篇の響きが、
今聞こえている。

今、立ちどまる。神を知るしあわせ

「神などいない」

といわれる今。

「頑張ろう、日本」
「日本の力を信じて」

と頼れるのは日本人なんだ、
日本人の底力にかけよう!と
言われる今。

神を知ることこそがしあわせなことなのだと、
虚勢でなく言える。

信仰の深みに私たちキリスト者が
導かれていく。

だから、今日も学内で
永遠に滅び失せない神の言葉を開き、
天地万物を造られ今も世界を統べ治めておられる神に祈るのだ

110422_1931~01
写真はBAYブロックの祈祷会で、
ボランティア活動の報告と証をしている学生



別窓 | 未分類 | トラックバック:0
∧top | under∨

東北で見たもの

前回のブログでは震災後まもなくの自分が、
東京にいる中で感じたことを言葉にしている。

僕は先月、今月と2回にわたって、
KGKの学生と共に宮城県の塩竃を中心に、
ボランティアに参加させてもらった。

東京では見えなかったもの
報道からは知ることができなかったもの

今、僕は、震災直後の時とは、
少し違ったところに立っているように思う。

東北で見たもの

それは僕のモノの考え方や生き方にまで
少なからず影響を与えているように思う。

そうしたものは感覚としては確かにあるのだが、
しかし、まだ腑に落ちた言葉までには至っていない。

これから東北で見たものをふり返り、
自分の中で何が起きたのかを少しずつ言葉にしていきたい。
別窓 | 未分類 | トラックバック:0
∧top | under∨
BACK | KGKヒデ主事の徒然日記 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。