KGKヒデ主事の徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

明治学院大学ヘボン聖書研究会

ヘボ研。

昨年度まで担当していた学校。

集会や合宿などには毎回参加させてもらった。

1年間ではあったが、この学校を担当させて
もらえて感謝だった。

そんなヘボ研から伝道集会の講師の依頼をうけた。

今年もまたヘボ研にいける。

嬉しさと懐かしさを覚えた。


集会には、昨年の伝道集会きり来なくなっていた
未信者の学生が来ていた。

「俺のこと、覚えてる?」
「それゃ、覚えていますよ。ここで会った人はみんな覚えていますよ」


合宿の時に風呂で語り合ったNもいた。

「どう、最近?」
「えっ、別に。ねむいっすよ」

彼はいつも眠たそうなのだ。



伝道集会には20人弱来ていた。

「キリスト教はじめてです」という雰囲気を
醸し出していた人たちが何人も来ていた。

橋に立てかけてあった看板を見て来た学生もいた。

僕の頭の中では準備してきた説教がぐるぐる回る。

最初の入り方をどうするか。
ここを外したら彼らはたぶん聞いてくれないだろう。
さあどうする、田中秀亮!

と一人戦っていた。

同時に関西出身のゆるさを売りにしたYによる、
目隠しで風船を取りにいくゲームで教室はにぎわう。

「右!左!後!前!もっと前!」と、
隣の授業はさぞ知らず、激しい指示が飛び回る。
僕も「右、左」と叫びながら、説教が頭の中を回る。


110615_1614~01
110615_1621~01





入りはそこまで悪くなかったと思う。

自分で言うのもなんだが。

真剣な眼差しで対峙してくる彼ら。

この眼差しを受け止め、逃げずに御言葉で立ち向かって
いかなければならない。

途中「あっ、飽きられてきたか・・・」

という表情を見せる何人。

しかし、ひるんではいけない。

語り続けるしかないのだ。




終わってみたら30分弱。

そんなに長くはなかった。

目には見えないが激しい格闘が終わった。


菓子を食べながら、第二ラウンドのグループタイム。

1年生でキリスト教全く初めての女の子がいた

「どうだった?」

「聖書って、私たちの生活と関係があるんですね・・・」

それ以上は続かなかった。

ここまでか・・・

いや、まずはここに彼女は立ってくれた。

聖書が自分と関わりのある書物だと知ったことを
喜ぼうではないか。

「ぜひ、よかったらまた来てくださいね」

ヘボ研の関係者でもないのに、
そう言って僕は教会の祈祷会へ向かった。


ほんの一瞬の伝道集会だった。

もうこれで最後だろう。

彼女や彼らが続けてヘボ研につながってくれることを
願いつつ、僕はバスに乗り込んだ

別窓 | 未分類 | トラックバック:0
∧top | under∨

3人の祈りから

110613_1318~01
新宿、渋谷といった副都心を
一望できるキャンパス。

僕の担当校の一つ。

先日嬉しいことに今年度初の祈り会がもてた。

H大は昨年、御茶ノ水ブロック役員の学内訪問によって
聖研が生まれた。

今年に入ってからはなかなか連絡が
つながらずにいたが、
ようやく先日祈り会がもてた。

この日も都心を眺めながら。

3人の学生が昼休みに集合。

「どうも、お久しぶりです」

とから始まり、その前のブロック役員会で
決まったH大のブロッ祈の学内紹介の準備を
どうするかを話し合った。

誰が仕切るか決まってない。
手探りで進んでいく感じが、
僕が学生時代に聖研を始めた頃を思い出す。

そして、気がつけば授業が始まる10分前。

それでも祈祷課題をそれぞれ
短く分かち合い、祈りが捧げられる。

東京の騒音のど真ん中で、
梅雨空の分厚い雲を越えて、
神への祈りの香はかき消されず昇っていく。
別窓 | 未分類 | トラックバック:0
∧top | under∨

暑い・・・

暑くなってきました
(ここ数日はそうでもありませんが・・・)

事務所にいると水が欲しくなり、
つい冷蔵庫に飲み物がないかと
探してしまう今日この頃。

先日事務所の冷蔵庫をあけたら、
ペットボトルの水がありました。

飲みたかった。
でも、自分のではない。

一度閉めた。

でも、飲みたい。
また開けた。

手に取った。
未開栓。

開けたい。

踏みとどまった。

事務局に誰のものかを確認した
(確認せず飲んでしまうと実は誰かのものだった!という
それはそれはとても恐ろしいことが起きてしまう、というのは言いすぎですが・・・)

A主事購入の水だと判明。

ホッと胸を撫で下ろし、

「よかった。危うく一人の人を不用意に傷つけるところだった」

とすんなりと諦めようとしていたら、

「この水はみんなに飲んでもらえたらと思っていたの」

といわれるではないか。

砂漠にオアシス到来。

渇いたときの水は最高なのです
(ちょっとまあ大げさですが)


しかし、僕は水を飲めてハッピーになったが、
また僕のように飲んでもよいかと冷蔵庫の前で
悩み苦しむ人がいるかもしれない。

そんな事態は絶対に避けなければならない。

ということで、
110514_1103~01

これで一件落着なり

まあ僕だけですけど
別窓 | 独り言 | トラックバック:0
∧top | under∨

N大が熱い!

合同祈り会の日の夜は事務所で聖研。

あの新入生二人は、祈り会、ファミレスに続いての聖研。

一日中一緒なふたりだった。


今年のN大聖研には未信者の女の子がきている。

彼女も新入生。

歯に衣着せぬ聖書本音読みで、
聖研に刺激をもたらす存在。


初回の時は詩篇51篇からで、

「私、この人(ダビデ)嫌いです。赦されようと思っているのが図々しいです」

と本音トーク。

一国の主が不倫と殺人。
そうやすやすと赦されようとするダビデに
ありえない!とノーを突きつける。

ここから、聖書で言う罪、救いの話へと展開していく。


そして、この日は不正な裁判官にひっきりなしにお願いするやもめの箇所と
パリサイ人と取税人の祈りの箇所から。

「正直、私は祈らなくてもやっていけるので・・・」

とこれまた本音トーク。
しかし、これがクリスチャンの本音も揺さぶり、
祈りって何なのか?と問いが深まる。

聖研が面白い。

御言葉が躍動している。

参加者が躍動している。

僕も躍動している。

今、N大が熱い!


別窓 | 学校訪問 | トラックバック:0
∧top | under∨

N大が熱い!

N大が熱い。

新入生のクリスチャンが法学部に二人入った。

経済学部と法学部の合同祈り会がスタート

男のみ。

110526_1228~01

椅子が4脚。学生4人。主事一人。

座れないのは誰?

もちろん、ぼく。


1年生のクリスチャンから連絡がくる。
僕が連絡したわけではない。
自主的に連絡をくれた。
これはもう行くしかない。

この日は連絡をくれた彼が司会。

何をやるかと思ったら、地の塩・世の光からショートメッセージ。

レジュメを切ってきて語る。

いやーいいですね。
はつらつとした新入生。

もう一人の新入生もまた良い奴。

明るく元気で気の利く奴。

彼が見つけてきた同じ学科のクリスチャン。


祈り会後は、ファミレスで男3人でスイーツを
食べながら救いの証と将来のビジョンを語り合ったよう。

いやー学生だね。
学生っていいね。

今、N大が熱い!

別窓 | 学校訪問 | トラックバック:0
∧top | under∨
BACK | KGKヒデ主事の徒然日記 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。